conpas

  • 原田斗生ギターリサイタルin千葉~展覧会の絵を弾く!
  • 原田斗生ギターリサイタルin千葉~展覧会の絵を弾く!
  • 原田斗生ギターリサイタルin千葉~展覧会の絵を弾く!

原田斗生ギターリサイタルin千葉~展覧会の絵を弾く!

2021.05.30(日) 14:00 開演 〜16:00(終演予定)

浦安音楽ホール・コンサートホール

残り1席

コンサート概要

ジャンル
: ギター
プロ (クラシック)
ギター界に出現した黄金世代を代表する19歳の俊英奏者・原田斗生(はらだとおい)のデビューコンサート。千葉ソロギターサークルのコンサートシリーズに最年少で登場!デビューコンサートにしてムソルグスキーの展覧会の絵〈全曲〉をギター1本で演奏するという衝撃の演目でデビューを果たします。クラシックギターに新しい風を送る新鮮な魅力をたっぷりと楽しんで頂きます。
デビューコンサートでありながらピアノの大曲ムソルグスキーの展覧会の絵〈全曲〉をギター1本で演奏するという恐らく世界初の衝撃の演目でデビューを果たします。クラシックギター界の未来を担う期待の新星のデビューコンサートに是非お越し下さい。
会場の浦安音楽ホール・コンサートホールは2017年に新築された定員303名の新しいホールで、クラシックギターや室内楽に最適な豊かで美しい響きを持つ関東屈指のホール。

▼原田斗生(はらだとおい)
2001年横浜生まれ。3歳より村治昇、金庸太、両氏に師事。デイヴィッド・ラッセル、ジュディカエル・ペロア、アルバロ・ピエッリ、ヤマンドゥ・コスタ各氏など多数のマスタークラスを受講。幼少期より難曲を容易に弾きコンクールで注目される。また、神がかった演奏スタイルも個性的で聴衆の話題となっている。
これまでに、日本ギター連盟主催ギターコンペティション、ジュニアギターコンクール、 学生ギターコンクール、イーストエンド国際ギターコンクールにおいて全て優勝。2020年ファーストアルバム「To-i」リリース。趣味はテニスと筋トレ。ラーメンとテニスとギターをこよなく愛する19歳。

プログラム

・組曲「展覧会の絵」〈全曲〉(M.ムソルグスキー/山下和仁編)
・詩的なワルツ集〈全曲〉(E.グラナドス/P.ペゴラーロ編 )
・ラ・グラン・サラバンダ(L.ブローウェル)
・悪魔の奇想曲(M.C.テデスコ)
・サンバースト(A.ヨーク)
(※曲目は都合により変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。)

出演者

ギター:原田斗生(はらだとおい)

その他の情報

千葉ソロギターサークル(代表・上原淳)主催によるリサイタルシリーズに、ギター界に出現した黄金世代を代表する19歳の俊英奏者・原田斗生(はらだとおい)が、記念すべきデビューコンサートとして登場!
主催の千葉ソロギターサークルは、2021年4月現在プロアマ合わせ会員数164名、日本最大級のソロギターサークル。毎月2回の練習会と年1回の定期演奏会を開催。プロ演奏家のリサイタルやマスタークラスなど各種イベントも開催。
今後の主な主催イベントは、7/25(日)ギターコンクール優勝者の競演Vol.17~尾崎琴音&原田斗生~賛助出演:大谷恵理架・森田晴(浦安音楽ホール)、9/19(日)~20日(月・祝)鈴木一郎ギターリサイタル&マスタークラス(浦安音楽ホール、千葉市生涯学習センター)12/26(日)上原淳ギターリサイタルVol.2~ゲスト:坪川真理子(ギター&ピアノ)、田中詩苑(ヴァイオリン)、あまね伶(ライアー)(東京・GGサロン)、11~12月(日程未定)千葉ソロギターサークル第13回定期演奏会(千葉市生涯学習センターホール予定)などを開催予定。楽器店や公共施設等での会員有志によるコンサート等も積極的に行っている。またギターだけでなくピアノやヴァイオリン、フルートなど他楽器との共演も積極的に行い、クラシックギターの様々な可能性を追求している。今後の千葉ソロギターサークルの活動にご期待ください。

動画

残り1席