conpas

  • Duo Uchida Recital
  • Duo Uchida Recital

Duo Uchida Recital

2019.10.13(日) 14:00 開演 〜16:00(終演予定)

JTアートホール アフィニス

この公演は終了しました

コンサート概要

ジャンル
: ピアノ
プロ (クラシック)
内田万海と内田久己による2台ピアノデュオコンサート

Duo Uchida - デュオウチダ -
<1999年~2007年> 隔年で 「武蔵野音楽大学インターナショナル・サマースクール」 コンスタンティン・ガネフクラスを受講。
<2001年,2003年,2005年> 修了コンサートに出演。
<1999年~> 演奏活動(リサイタル等)を始める。
<2003年> 「コンチェルテウム国際ピアノコンクール」デュオ部門【マラトン(ギリシャ)】最高位受賞。スタインウェイピアノ150周年記念イベントで演奏。
<2004年> 「音楽と地球国際音楽コンクール」【ソフィア(ブルガリア)】第1位受賞、マドンナ賞受賞
<2006年> 「ザイラー国際ピアノコンクール」【クレタ島レシムノ(ギリシャ) 】2台ピアノ演奏に対して「芸術的演奏に対する特別賞」を受賞
<2006年12月> 東京国際フォーラムにて「のだめフェスティバル」出演。
<2009年> ブルガリア大統領臨席の日本・ブルガリア国交正常化50周年記念式典にて、CD『ブルガリアの至宝パンチョ・ヴラディゲロフ』が参列者に送られる。
<2009年6月> パンチョ・ヴラディゲロフ生誕110年を記念して、ブルガリア『ソフィア国際音楽週間』と『ヴァルナサマーフェスティバル』で招待演奏。
このツアーと2008年2月に開催した『Duo Uchida meets Pancho Vladigerov』(東京文化会館 上野・東京)の成功により、パンチョ・ヴラディゲロフ博物館から、
日本でのパンチョ・ヴラディゲロフ作品の認知度向上とパンチョ・ヴラディゲロフのピアノデュオ作品の手稿譜による演奏を認められる世界で唯一のピアノデュ
オとなる。国際ピアノデュオ協会会員。

<内田久己 Uchida, Kumi>
1981年6月20生。
2歳より、母の万海からピアノを教わる。
1996年よりコンスタンティン・ガネフ氏、
ジュリア・ガネヴァ氏に師事。
1998年「高校生国際芸術コンクールin高崎」 音楽部門入選。
母の万海とピアノデュオ を始める。
2000年より、酒井起世子氏に師事。
2002年「大阪国際音楽コンクール」ファイナリスト。
2005年武蔵野音楽大学卒業。
2009年武蔵野音楽大学大学院博士前期課程修了。

<内田万海 Uchida, Mami>
1955年10月11日生。1971年より、作曲を村田英夫氏、ピアノを神野明氏に師事。1973年 自作品によるリサイタルを開催。
1974年 日本大学芸術学部音楽科作曲コース入学。
1975年より ジャズボーカルをマーサ三宅氏師事。その後学業を続けながらジャ
ズボーカリストとしての活動を始め、岡本章生とゲイスターズ等ビッグバンドと共演。
1977年 自己の編曲によるグループを結成。ライブハウス、コンサートホールで演奏活動を開始。
1981年 ピアノ伴奏者として出会ったクラリネット奏者の北爪利世氏の教えを受け、桐朋学園大学で83年までクラリネット、管弦楽、室内楽を学ぶ。
1984年 対外的演奏活動を休止。ピアノ、作曲、歌唱の個人教授となる。
1998年 コンスタンティン・ガネフ氏の奨めにより娘の久己とピアノデュオを始める。
2005年 武蔵野音楽大学特修科ピアノ課程修了。
ジュリア・ガネヴァ&コンスタンティン・ガネフ氏に師事。

プログラム

W.A.モーツァルト= F.ブゾーニ: 協奏風小二重奏曲
W.A.Mozart=F.Busoni Duettino concertante

W.A.モーツァルト= F.リスト: 『ドン・ジョバンニ』の回想
W.A.Mozart=F.Liszt Réminiscences de "Don Juan"

A.スクリャービン: 幻想曲 遺作
A.Skriabin Fantasie Op.posth.

G.ガーシュウィン: 3つのプレリュード
G.Gershwin 3 Preludes

G.ガーシュウィン: 「アイ・ガット・リズム」変奏曲
G.Gershwin " I got rhythm" variations

出演者

Duo Uchida
内田久己(ピアノ)
内田万海(ピアノ)

その他の情報

1330開場
公演詳細 https://www.bflat-mp.com/4936.html

URL