conpas

  • 合唱音楽の夕べVol.7 新実徳英の合唱世界Ⅱ-二つの愛の物語-0
  • 合唱音楽の夕べVol.7 新実徳英の合唱世界Ⅱ-二つの愛の物語-0
  • 合唱音楽の夕べVol.7 新実徳英の合唱世界Ⅱ-二つの愛の物語-0

合唱音楽の夕べVol.7 新実徳英の合唱世界Ⅱ-二つの愛の物語-0

2019.08.31(土) 19:00 開演 〜20:45(終演予定)

渋谷区総合文化センター大和田 さくらホール

残り7席

コンサート概要

ジャンル
: 合唱
アマチュア (クラシック)
樹の会主催のシリーズ「合唱音楽の夕べ」7回目は、4回目に続き作曲家新実徳英氏の作品に焦点を当てた演奏会、特に今回は「合唱劇」を中心のプログラムで開催する。
千年の時を超え、平安時代から親しまれてきた『伊勢物語』。さまざまな人間模様を映した全125段の歌物語のなかから、愛の切なさ・強さを描いた「梓弓」「筒井筒」を、樹の会が合唱劇として上演する。音楽は新実徳英氏、台本は和合亮一氏。
現代にも通じる人間ドラマ、「二つの愛の物語」が魅せる世界とは…。


樹の会(Kinokai)は、合唱指揮者藤井宏樹を音楽監督とする12の合唱団(アカシアコーラス、合唱団ゆうか、樹の会ユースクワイア~奏(かなみ)~、クール オルタンシア、女声アンサンブルJuri、女声合唱あやのね、Sonus Anima、Nekko Male Choir、はるか、明治薬科大学合唱団、山梨大学合唱団、横浜市立大学混声合唱団《50音順》)で構成されています。各団体は独自の演奏会やレコーディングのほか、個々の団体の枠を越えた活動をしています。レパートリーはルネッサンスから現代まで幅広く、TokyoCantatへの参加やオーケストラとの共演、日本人作曲家への委嘱活動、主催公演など多岐にわたる合唱活動を活発に行っています。
主催公演「J.S.Bach ミサ曲ロ短調」、「三善晃 合唱音楽の夕べ」、「寺嶋陸也 合唱音楽の夕べvol.2」、「三善晃とともに 合唱音楽の夕べvol.3」、「合唱音楽の夕べvol.4 新実徳英の合唱世界~愛と祈りのかたち」、「合唱音楽の夕べvol.5 祈りの響」「合唱音楽の夕べvol.6 佐々木幹郎と西村朗の世界」はいずれも好評を博しました。
また、2014年にはウィーンおよびハンガリー・ブダペシュトにて自主公演を行うなど海外においても有意義な活動を続けています。
特にウィーン楽友協会大ホールでの公演は海外合唱団単独としては初の試みとなり、大きな反響を呼びました。

プログラム

混声合唱曲集 三つの愛の歌
・寄り寝し妹を
 歌:柿本人麻呂
・Thy mouth like the best wine 
 テキスト:旧約聖書「雅歌」より
・Suavies cantus 
 テキスト:J.キーツ「ギリシャの壺に寄せるオード」より

合唱劇 二つの愛の物語-あずさ弓・筒井づつ-【委嘱初演】
 原作『伊勢物語』 台本/和合亮一

出演者

合唱/合唱団樹の会
 独唱:金沢青児・荻原美城・中村響・塙亜寿美
指揮/藤井宏樹
ピアノ/浅井道子
クラリネット/加藤亜希子
チェロ/ヨコミゾヒロユキ
作曲/新実徳英
台本/和合亮一
演出/しままなぶ

その他の情報

未就学児はお断りいたします
18:30 開場

URL

残り7席