conpas

  • Duo Abend リサイタルの夜
  • Duo Abend リサイタルの夜

Duo Abend リサイタルの夜

2019.09.11(水) 19:00 開演 〜21:00(終演予定)

五反田文化センター コンサートホール

残席あり

コンサート概要

ジャンル
: 室内楽(弦楽器)
プロ (クラシック)
秋の夜長にチェロとピアノの名作たちを、演奏者のトークを交えながらじっくりとお楽しみいただきます。

▼井村 理子 Michiko Imura (ピアノ)
国立音楽大学ピアノ専攻を首席で卒業を経て、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程ピアノ専攻修了。同大学院音楽研究科ティーチングアシスタント(歌曲伴奏)を務める。ベルリン芸術大学に留学し、ディプロム課程卒業試験にてシューベルトの演奏で最高点を取得、最優秀の成績で修了、同大学院にてドイツ国家演奏家資格を取得。在学中、国際ロータリー財団国際親善奨学金、アンドレアス財団より奨学金を取得。東京音楽コンクール入選、アルトゥール・シュナーベル国際コンクールで最高位、バッハ国際コンクールディプロマ賞、コンセール・マロニエ21第1位等、国内外のコンクールにて受賞歴多数。ブゾーニ国際コンクールに出場した際、審査員より招待を受け、サル・コルトー(パリ)で演奏。
これまでに世田谷美術館、東京都庭園美術館(東京文化会館企画)、スタインウェイハウス・ベルリン「スタインウェイ賞リサイタルシリーズ」、日本演奏連盟主催「新進演奏家育成プロジェクト リサイタル・シリーズ」に出演。栃木交響楽団とベートーヴェンピアノ協奏曲4番を共演。ソロや室内楽に意欲的に取り組むと同時に、後進の指導など、場広く活動している。
ピアノを山岡秀子、内川裕子、近藤伸子、御木本澄子、角野裕、クラウス・ヘルヴィヒの各氏に、室内楽をコンラート・リヒター、アルテミスカルテットの各氏に師事。日本演奏連盟会員。
https://www.michikoimura.com

▼奥田なな子 Nanako Okuda(チェロ)
東京藝術大学附属音楽高等学校を卒業と同時に文化庁芸術家在外研修員としてドイツ・フライブルク音楽大学に留学。ベルリン芸術大学に移籍、ディプロマを取得。さらに同大学院ソリストコースにて研鑽を積み、国家演奏家資格を取得し、帰国。2006年バーデン=バーデン・フィルハーモニー管弦楽団と共演。2008年京都・青山音楽記念館バロックザールにてデビューリサイタル、2010年びわ湖ホールで室内楽公演の演奏は「音楽の友」誌上で“清潔な技巧と呼吸”と評される。また、常陸宮殿下、妃殿下訪欧の際には弦楽四重奏での御前演奏を行った。
2012年日本演奏連盟主催・新進演奏家リサイタル・シリーズにおいて大阪いずみホールでソロリサイタル。翌年、同プロジェクトにおいて日本センチュリー交響楽団と共演。第1回秋吉台コンクール弦楽部門最高位受賞。2014年NHKラジオ番組「リサイタル・ノヴァ」に出演。 2006年-2010年ローム ミュージック ファンデーション奨学生。2011-13年 兵庫芸術文化センター管弦楽団に在籍、フォアシュピーラーを務める。
平成24/25年度(財)地域創造・公共ホール音楽活性化事業登録アーティストを務め、現在、同財団音楽活性化支援事業アーティスト。東京を拠点にソロから室内楽、オーケストラまで幅広く活躍しているほか、小学校へのアウトリーチ活動にも力を入れている。
https://www.okudananako.com

プログラム

F.メンデルスゾーン:無言歌
F.シューベルト:アルペジオーネソナタ
F.プーランク:チェロとピアノのためのソナタ
ほか

出演者

井村理子(ピアノ)
奥田なな子(チェロ)

その他の情報

18:30 開場
4歳未満のお客様はご入場いただけません
主催者以外による演奏中の写真・録画撮影はご遠慮願います

URL

残席あり