conpas

  • アンサンブル・フリーEAST 第12回演奏会
  • アンサンブル・フリーEAST 第12回演奏会
  • アンサンブル・フリーEAST 第12回演奏会

アンサンブル・フリーEAST 第12回演奏会

2019.09.16(月) 14:00 開演 〜16:15(終演予定)

ティアラこうとう大ホール

残席あり

コンサート概要

ジャンル
: オーケストラ
アマチュア (クラシック)
クラシックと現代音楽を演奏することで新しい価値を提示してきたアンサンブル・フリーEASTの第12回演奏会。
今回は当団として初めて海外で活躍する現代作曲家に委嘱を試みました。
ラファエル・ナシフ氏は1984年にブラジルで生まれ、現在はオーストリアから世界中に斬新な作品を精力的に発表しています。
今回演奏いたします新作「mindfulness of breathing」は、彼の精通するチベットヨガの呼吸法を音楽作品に取り入れたもので、チェコの作曲家であり指揮者であるペトル・コティーク氏が開催するオストラヴァ・デイズ音楽祭との共同委嘱作品となります。
世界初演は2019年8月28日にコティーク氏の指揮によるオストラヴァ・ニュー・オーケストラの演奏と東欧の民族楽器であるターロガトー奏者のニコラ・ルッツ氏のソロでオストラヴァにて、アジア初演は私たちの演奏と世界的な尺八奏者である黒田鈴尊氏のソロで東京にて行われます。
ナシフ氏が「同じ国に生き、特に親しみを感じる」というブラームスの作品、東欧民俗音楽の巨匠・バルトークの作品とともに、世界の最先端をいく音楽をお楽しみいただければ幸いです。

プログラム

Rafael Nassif:mindfulness of breathing *(委嘱作品/アジア初演)
ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲
バルトーク:中国の不思議な役人 組曲

出演者

尺八独奏:黒田 鈴尊*
指揮:浅野 亮介

その他の情報

開場:13:30
全席自由
未就学児の入場はご遠慮ください。

URL

残席あり