conpas

  • 第7回バリオス国際ギターフェスティバル千葉公演
  • 第7回バリオス国際ギターフェスティバル千葉公演

第7回バリオス国際ギターフェスティバル千葉公演

2023.02.17(金) 18:45 開演 〜21:00(終演予定)

千葉市美術館11F講堂

残り5席

コンサート概要

ジャンル
: ギター
プロ (クラシック)
第7回バリオス国際ギターフェスティバル千葉公演開催のお知らせ。
第7回目を迎えた今回の注目は、初めてヨーロッパからゲストをお迎えします。チリ出身の音楽監督のアレクシス・バジェホスは、現在最も権威があるGFAギターコンクール、2019年の覇者スイス出身の「ヨハン・スミス」をブッキング致しました!
そんな、世界を制したと言っても過言ではない名手の演奏を間近で見られるイベントを企画いたしました。また今回はアレクシス・バジェホスもバリオスだけではなく、没後75周年記念となるポンセの名曲を披露いたします。皆様のお越しをお待ちしております。
尚、今回の第7回バリオス国際ギターフェスティバルは2/17千葉公演の他、2/18茨城公演、2/19東京公演、2/22広島公演、2/25神戸公演、2/26名古屋公演も開催されます。

アレクシス・バジェホス(ギター)
ヨハン・スミス(ギター)

◆アレクシス・バジェホス/Alexis Vallejos (チリ)
18 歳でチリ大学芸術学部に入学。同大学にてロミリオ・オレジ ャナに師事し、本格的 にキャリアをスタートする。後にスペインへ留学し、アリカンテ大学クラシックギター・ マスターコースを修了。受賞歴はスペインのリナーレスで行なわれた第19 回国際アンド レス・セゴビアギター・コンクールでの優勝を始め、イタリア、アルゼンチン、チリのギ ターコンクールにおいて幾 つもの賞を獲得している。現在はアメリカ、ヨーロッパ、ア ジア等、頻繁に海外ツアー遠征を行い、独奏の他、オーケストラとの共演も行なっている。  ホセ・ルイス・メルリン、カルロス・レダーマン、ヘラルド・カヴィエデス等、ラテン アメリカ音楽界の著名な作曲家が彼に楽曲を提供している。  チリの首都サンティアゴのマヨール音楽大学ギター科教授。当フェスティバルの第2回 目より音楽監督に就任し、海外アーティストのブッキングおよびプログラムの監修を担当 している。 スペインの弦製造メーカー「ローヤルクラシック社」のオフィシャルアー ティスト。
千葉県在住のチリ人女性と結婚し、日本とチリを往復しながら世界中をツアーしている。 現代ギター誌において濱田先生のコーナーJiro's Barの最後の出演アーティスト
HP https://alexisvallejos.com/
YouTube https://www.youtube.com/@guitarvallejos

◆ヨハン・スミス/Johan Smith(スイス)
現在最も権威があると言っても過言ではない、アメリカ・ギター・ファウンデーション (GFA)主催の国際ギターコンクールにおいて2019年に優勝を果たし、ニューヨークにあ るクラシック音楽の殿堂「カーネギーホール」をはじめ、全米、カナダツアーを行った。 この他にも多くの受賞歴があるほか、スイスを拠点としながらソリストとして国際的に活 躍している。2017年にフランスの音楽雑誌「ギター・クラシカル」にて「2017年のクラ シックギター界の天啓」に選出された。
1990年スイスのジュネーブに生まれ、マリークレール・ピニョーロからギターを習う。 2019年にローザンヌ音楽大学において、ギター演奏科および音楽教育学のマスターコー スを首席で卒業。2020年にナクソスレーベルよりCDをリリース。
また2005年にデスメタルバンド「ストートレン」を結成し、ギタリストという枠にと らわれない多才な活動をしている。すでに6枚のアルバムをリリースし、ワールドツアー を成功させている。
HP https://www.johansmith.net/
YouTube https://www.youtube.com/@johansmith8597

プログラム

第一部 アレクシス・バジェホス (チリ)
 アグスティン・バリオス・マンゴレ
 「大聖堂」
 マヌエル・マリア・ポンセ
 「組曲イ短調」(千葉、広島公演では省略)
 「南のソナチネ」

第二部 ヨハン・スミス (スイス)
 アグスティン・バリオス・マンゴレ
 「告白」
 マヌエル・マリア・ポンセ
 「前奏曲」 第7,8,11,12番
 クロード・ドビュッシー
 「子どもの領分」より4つの小品
 ホアキン・ロドリーゴ
 「ソナタ・ジョコーサ」

第三部 二重奏
 マヌエル・マリア・ポンセ
 「スケルツィーノ・メヒカーノ」
 「間奏曲」
 「スケルツィーノ」
 ヨハン・セバスティアン・バッハ
 「フルートとチェンバロのためのソナタ」 BWV1020
 マウロ・ゴドイ・ヴィラロボス
 「アストルと一杯のカフェ」(日本初演)

出演者

アレクシス・バジェホス(ギター)
ヨハン・スミス(ギター)

その他の情報

主催の千葉ソロギターサークルは、2023年1月現在プロアマ合わせ会員数174名、日本最大級のソロギターサークル。毎月2回の練習会と年1回の定期演奏会を開催。プロ演奏家のリサイタルやマスタークラスなど各種イベントも開催。最新の活動状況はAmebaブログ「千葉ソロギターサークル公式ブログ2」をご参照ください。ギターだけでなく、ピアノやヴァイオリン、フルートなど他楽器との共演も積極的に行い、クラシックギターの様々な可能性を追求している。今後の千葉ソロギターサークルの活動にご期待ください。今後の主なイベント開催予定は次の通り。
●4/16(日)大谷恵理架ギターリサイタル(浦安音楽ホール・コンサートホール)
●5/27(土)山口修ギターリサイタル(浦安音楽ホール・コンサートホール)
●7/23(日)優勝者の競演19山本采和&小林龍和&小林愛実&伊藤亘希(浦安音楽ホール・コンサートホール)
●8/11(日)上原淳ギターリサイタル(GGサロン)
●11/12(日)益田正洋ギターリサイタル(浦安音楽ホール・コンサートホール)
●12/24(日)千葉ソロ定期演奏会(浦安音楽ホール・コンサートホール)

動画

残り5席