conpas

  • 平沢 匡朗 ピアノリサイタル ~クララ・シューマンをめぐって~

平沢 匡朗 ピアノリサイタル ~クララ・シューマンをめぐって~

2022.07.13(水) 19:00 開演 〜21:00(終演予定)

東京文化会館

残り3席

コンサート概要

ジャンル
: ピアノ
プロ (クラシック)
クララ・シューマンは、12歳にしてヨーロッパ各地で天才少女ピアニストとして活躍し、18歳の時オーストリアで、もっとも栄誉ある「王室皇室内楽奏者」の称号を与えられました。彼女は同時代のショパンからも賞賛を受けほどの練達のピアニストであり、詩人ゲーテ等多くの文化人からも一目置かれるほどの優れた芸術家でした。

クララに対するロベルト・シューマンの熱烈なアプローチによる結婚は伝説となっていますが、この結婚は二人に大きな芸術上の実りをもたらしました。この時期のクララはシューマンに対する深い心のうちが投影された、滋味あふれる曲を残しています。

そしてシューマンが晩年の評論「新しき道」で青年ブラームスを楽壇に紹介したことがきっかけで、ブラームスとシューマン夫妻との交流が始まります。20歳のときに出会った14歳年上のクララとの運命の出会いは、シューマンの没後のクララ、およびブラームスの人生および芸術に、運命的ともいえる深い影響を及ぼすことになりました。

ブラームスは、クララの才能・人間性に大きく影響され、音楽観、さらに生き方においても、生涯クララを理想像として心に持ち続けていたと言われています。

プログラム

クララ·シューマン:ロベルト·シューマンの主題による変奏曲 作品20
クララ·シューマン:ロマンス ロ短調(ブラームス ピアノソナタ第3番の主題による)
シューマン:幻想曲 ハ長調 作品18
ブラームス:ピアノソナタ第3番 作品5

出演者

平沢匡朗(ピアノ)

その他の情報

残り3席