conpas

  • 佐藤祐介 ピアノリサイタル〜委嘱作品の夕べ〜
  • 佐藤祐介 ピアノリサイタル〜委嘱作品の夕べ〜

佐藤祐介 ピアノリサイタル〜委嘱作品の夕べ〜

2021.10.15(金) 19:00 開演 〜21:00(終演予定)

東京オペラシティリサイタルホール

この公演は終了しました

コンサート概要

ジャンル
: ピアノ
プロ (クラシック)
バロックから現代まで幅広いレパートリーを誇る、新進気鋭のピアニスト、佐藤祐介の真骨頂をお楽しみいただけます!平山智、中川俊郎、伊藤巧真の新作世界初演にも、乞うご期待!!

佐藤祐介の独自の視点から選ばれた、今、お聴かせしたい名曲の数々と法人作曲家への委嘱作品の夕べ!

▼佐藤祐介 プロフィール
福島県出身。11歳より作曲、14歳よりピアノの本格的なレッスンを始める。15歳でリサイタルデビュー。日本唯一の現代音楽演奏コンクールである、第10回現代音楽演奏コンクール'競楽X'(朝日新聞社・日本現代音楽協会主催)において優勝を果たし、第22回朝日現代音楽賞及び聴衆賞を受賞。その他、2004年U.F.A.M.国際音楽コンクール第2位(フランス・パリ)、第3回三善晃ピアノコンクール第1位及び三善作品
特別賞、第9回チェコ音楽コンクール第1位、などを始め国内外で数多くの受賞歴を持つ。また、第15回浜松国際ピアノアカデミーを受講。イタリア、フランス、ドイツ、ルーマニアを始め、国内外で数多くのリサイタルに出演。演奏される機会の少ない作曲家や埋もれた作品にも光をあて、積極的に取り上げるユニークな活動を行っている。そういった作品のレコーディングも積極的に行っており、カメラータ・トウキョウや299MUSICなどのレーベルからアルバムをリリース。レパートリーは、バロックから現代まで幅広く、バロックから新作までを取り上げたシリーズ"PIANO EPOCH"を継続中。これまでに50曲以上の新曲初演に携わり、国内外の作曲家への委嘱も数多い。独自の視点を持った若手ピアニストの一人として、これからの活動が大きく期待されている。

プログラム

バリエール:クラヴサン曲集より
シューベルト:11のエコセーズ、17のドイツ舞曲「レントラー」
中川俊郎:エコセーズ、レントラー、間奏曲集 (委嘱初演)
ノヴァーク:6つのソナチネ作品54第5番「ブリガンド」
平山智:ヘラクレイトス断章 ピアノとトイピアノのための (委嘱初演)
ドュシーク(ドュセック):ピアノソナタ第5番作品10-2
伊藤巧真:「オルツバウ」ピアノのための (委嘱初演)

出演者

佐藤祐介(ピアノ)

その他の情報

未就学児は入場頂けません。