conpas

  • 吉府充希子ソプラノリサイタル  ~  Avec une flûte enchantée ~ 魅惑のフルートとともに
  • 吉府充希子ソプラノリサイタル  ~  Avec une flûte enchantée ~ 魅惑のフルートとともに

吉府充希子ソプラノリサイタル  ~ Avec une flûte enchantée ~ 魅惑のフルートとともに

2019.06.23(日) 14:00 開演 〜15:45(終演予定)

みなとみらいホール・小ホール

この公演は終了しました

コンサート概要

ジャンル
: ソプラノ
プロ (クラシック)
二期会所属のソプラノ・吉府充希子の2回目のリサイタル。群馬交響楽団のフルート奏者・白水裕憲氏をゲストに迎え、ソプラノとフルートのための作品を多く取り上げる。二人は共に京都市立芸術大学・大学院に学んだ先輩と後輩。

吉府 充希子(ソプラノ)
京都市立芸術大学卒業、同大学院修了。関西二期会オペラスタジオ修了。関西二期会主催「フランス歌曲の流れ」シリーズのコンサートに連続出演。奈良秋篠音楽堂においてジョイントリサイタルを開催。1995年、音楽コンクール声楽部門入選「フランス総領事賞」、2004年、第5回大阪国際音楽コンクール声楽部門一般の部第3位入賞。現代美術家・野村仁氏の作品、五線を写し込んだフィルムで月を撮影する『‘moon’ score』のCD制作の録音に参加。
2000年より横浜市在住。2001年、東京二期会に移籍。横浜市を中心とした演奏活動を行う。戸塚区演奏家協会主催のホット&ハートフルコンサートの人気シリーズ・オペレッタ形式のクラシックコンサート「戸塚宿オペレッタ」の台本・演出を担当。また、コンセール・アミティエを主宰し童謡唱歌を歌う活動も行っている。「歌声サロンplus」は戸塚区民文化センターさくらプラザとの共催により開催を続け6年目となった。2016年、戸塚区演奏家協会の25周年を記念し、戸塚区の伝説をもとにしたオペラ“まさかりが淵”(山田香作曲)の台本を執筆し、初演の舞台に清代来姫役で出演。2017年、フランス歌曲による初のソロリサイタルを開催。
現在、東京二期会会員、横浜市民広間演奏会会員、コンセール・アミティエ主宰、戸塚区演奏家協会代表。

白水 裕憲(フルート)
群馬交響楽団フルート奏者。おおた芸術学校講師。福岡県立修猷館高校卒業。
1998年、京都市立芸術大学を京都音楽協会賞を得て卒業。1990年、同大学院修士課程修了。フルートを永田明、白石孝子、伊藤公一の各氏に師事。1991年、広島交響楽団入団。1993年、群馬交響楽団入団。その後(財)アフィニス文化財団の研修生に選ばれ、フランクフルトに1年間留学。V.ブルンナー氏に師事。
現在は、群馬県を中心に全国各地でソロ、室内楽、後進の指導等多方面に活動の場を得て積極的に取り組んでいる。また、広響、群響、おおたアカデミーオーケストラ、他等とも協奏曲を多数共演。高崎、東京でのリサイタルも毎年開催している。


片野 敦子(ピアノ)
フェリス女学院短期大学音楽科卒業、同専攻科・研究科修了。故三宅洋一郎氏に師事。在学中、神奈川フィルハーモニー管弦楽団とピアノコンチェルト協演。神奈川県立音楽堂新人演奏会、横浜美術館ギャラリーコンサート、戸塚クラッシックコンサート、横浜市民コンサート等に出演。現在、プロ混声合唱団東京カンマーコーアをはじめ、合唱団、楽器・声楽ソロ等の伴奏活動。近年は、世界的コロラトゥーラ・ソプラノのサイ・イエングァンのピアニストとして、多くのコンサート・CD録音・テレビ出演等で共演をしている。横浜市民広間演奏会会員。

プログラム

橋本國彦 お菓子と娘(Sop. Piano)
     春の組曲(Sop. Fl. Piano)
林 光  四つの夕暮れの歌(Sop. Piano)
     道~ソプラノとフルートのための~(Sop. Fl.)
サンサーンス 見えない笛(Sop. Fl. Piano)
カプレ    来るがいい!見えない笛の音よ(Sop. Fl. Piano)
プーランク  歌の調べ(Sop. Piano)
       メタモルフォーズ(Sop. Piano)
マルタン   3つのクリスマスの歌(Sop. Fl. Piano)

出演者

吉府充希子(ソプラノ)
白水裕憲(フルート)
片野敦子(ピアノ)

その他の情報

開場 13時30分
未就学児入場不可
https://www.amitie-mikiko-yoshifu.com/

URL