conpas

  • メゾソプラノとギターによるシューベルト歌曲集「冬の旅」
  • メゾソプラノとギターによるシューベルト歌曲集「冬の旅」

メゾソプラノとギターによるシューベルト歌曲集「冬の旅」

2019.05.23(木) 19:00 開演 〜20:35(終演予定)

東京オペラシティ近江楽堂

この公演は終了しました

コンサート概要

ジャンル
: その他
プロ (クラシック)
死の前年、30歳のシューベルトはミュラーによる24編の詩をテキストとし、ひとりの若者の〈幻想と孤独〉の旅路を描きました。世界的にも珍しい、メゾソプラノとシューベルトの時代の19世紀ギターによる「冬の旅」の世界をどうぞお楽しみ下さいませ。

駒ヶ嶺ゆかり(こまがみねゆかり メゾソプラノ)
札幌出身。98年よりヘルシンキにて舘野泉氏とマリア・ホロパイネン氏の許で研鑽を積む。帰国後、シベリウスのオーケストラ歌曲をはじめ、4年間をかけ全8回の『シベリウス歌曲全曲演奏会』を成し遂げた。北欧作品を柱としたシリーズ演奏会を札幌・函館・仙台・東京で企画し完遂。2018年、札幌、東京、ヘルシンキでリサイタルを行う。2012年より宮下祥子氏とギター歌曲作品に取り組み『SONG&GUITAR』全国ツアーをスタート。札幌文化奨励賞、道銀芸術文化奨励賞、札幌市民芸術祭大賞受賞。日本シベリウス協会理事。

宮下祥子(みやしたさちこ 19世紀ギター)
7歳よりギターを始め、渋谷忠三、福田進一、P.シュタイドルに師事。クラシカルギターコンクール優勝、A.セゴビア国際ギターコンクール第2位。キジアーナ音楽院夏期講習会でO.ギリアに師事し最優秀ディプロマを授与される。世界12か国でフェステイバルやリサイタルで演奏。井上ひさし氏朗読劇の舞台音楽を氏の指名により初演から生演奏で出演中。CDは「レコード芸術」特選盤、優秀録音盤に選ばれ好評を得る。北海道大学卒業。

プログラム

「冬の旅」全24曲
1.おやすみ
2.風見
3.凍った涙
4.凍結
5.菩提樹
6.湧き立つ涙
7.川面にて
8.振り返り
9.鬼火
⒑.休息
11.春の夢
12.孤独
休憩
13.郵便馬車
14.霜おく頭
15.からす
16.最後の希望
17.村で
18.嵐の朝
19.まどわし
20.道しるべ
21.宿屋
22.勇気
23.幻日
24.ライヤー弾き

出演者

駒ヶ嶺ゆかり(メゾソプラノ)
宮下祥子(19世紀ギター)

その他の情報

主催者名: 北欧の森演奏会企画 SONG&GUITAR

URL